鉄道世界旅行ホームページ
ウィーン地下鉄 

市電王国のウィーンであるが、地下鉄もと発達していて便利
チケットは市内交通共通で乗り換えも出来る。

上が1994年、下が1995年に購入した切符。
どちらも1回券17シリング(約150円)24時間券50シリング(約440円)


1999年に使った切符、1回券19シリング(約190円)
写真右は車内で購入したもので22シリング。


2003年に利用した24時間券5EUR(約670円)
このとき逆行不可2時間有効の1回券は1.5EUR(約200円)だった。


2013年はフリー券が付いてくるホテルに宿泊した。
このときの通常料金は1回券2EUR(約260円)、24時間券6.7EUR(860円)


U1−U4号線は第三軌条集電のアルミ製電車。1999年撮影


同じタイプの車両だが行き先表示がLEDになった。2013年撮影


U4ヒーツィング駅にはオットー・ワグナー作の皇帝専用駅舎も残っている。2003年撮影


壁に大きな絵が描かれているU3フォルクスシアターVolkstheater駅。2003年撮影


車内はクロスシート向かい合わせボックス配置。2003年撮影


ベンチの様に低い背もたれで通路側も肘掛が無く、
握り棒だけで吊革等は無い。2013年撮影


車端部はバスの後ろのように5席並んでいて貫通してなく、
走行中車両間の行き来は出来ない。2003年撮影


10年経っても特に変化は無い。2013年撮影


2002年から導入されたシーメンス製の新型車。2013年撮影


3扉車クロスシート向かい合わせ配置で、基本的なレイアウトは同じだが
スッキリして暖かさが感じられなくなった。2013年撮影


天井からつり革が下がり、扉開はノブから押しボタンになった。2013年撮影


幅の広い貫通路が出来た。2013年撮影


6号線は市電の様な車両。
横長の密着連結器が特徴。2003年撮影


U6号線の地上部分を走るところを前面窓から見る。
角度がついてガラスがつながっている部分もあまり気にならない。2003年撮影


車内は1+2列、セミクロスシート、両側の同じ位置に扉がある。2003年撮影


U6号線の新型車両T型、車両限界を一杯に使った四角い断面。1999年撮影
従来の市電タイプ車両とも併結できる。


3両連接片運転台のユニットを併結して使われている。2013年撮影


乗降扉は1両片側につき1箇所。2013年撮影


トラムの上をU6が通る。2013年撮影


横幅が広がり座席が4列の部分もある。1999年撮影


低床トラムの様に車輪や機器がある部分が座席になっている。2013年撮影


写真の無断転載を禁止します。