鉄道世界旅行ホームページ
台北捷運
Metro Taipei

台北のMRTは新しく最初の木柵線が1996年開業、
路線網が急速に整備され、
まだ出来てなかった1994年最初の訪問を思うと、かなり便利になった。

以前は磁気カード式チケットだった、使い回しなので
同じ券売機から異なるデザインの物がランダムに出てくる。2001年


2007年撮影


ICチップが組み込まれたプラスチック製のトークンが導入された。2007年撮影


割引率が高いIC式の悠遊カードが便利。
券売機と並んだ自動販売機で購入でき、
台湾鉄道の都市近郊区間でも利用できる。
2011年撮影


最初に開業した木柵線は高架鉄道。2007年撮影
運転手など乗務員が乗車しない無人運転が行われている。


短い車体で片側2扉の単車で車両間の貫通はしていない。2007年撮影


ホームドアで密閉された高架駅。2007年撮影


初期に導入された車両はフランス製。2011年撮影


車内はクロスシート2+2列。狭い通路にもつり革が下がっている。2007年撮影


自動運転なので運転席が無く、前後の展望も楽む事ができる。2007年撮影


新型はボンバルディアが開発した車両。2011年撮影


開口部が広い乗降扉。2011年撮影


車内はオールロングシートになった。2011年撮影


その他の路線はシンガポールのMRTと似た車両。2002年撮影


新線開業や路線延長で増備さているが、
車両の規格が統一され、メーカーが異なっても
外観の変化は少ない。2011年撮影



ワイパーの付け根が、前面の黒い部分の下にあるのは
ドイツ、シーメンス社製の車両。2011年撮影


乗降客の多い駅からホームドアが設置されている。2007年撮影


2011年でもホームドアの無い駅もあった。2011年撮影


1両23.5mと長い車体に外吊りの両開き扉が片側4箇所ある。2011年撮影


座席はプラスチック製でドア間の端は横向きで中央が背中合わせになっている。
荷物が大きいときなど便利だが、自分を真横から間近に見られ気になりそう。2007年撮影


ロングシートになっていた車両もあった。2011年撮影


扉脇の約半分は博愛席になっていて座席の色が違う。2014年撮影


ワイパーの付け根が黒い部分にあるのは川崎重工系の車両。2002年撮影


前面の書き殴られたような漢字が恐く感じるラッピング車両。2003年撮影


側面の模様は大人しくほっとする。2002年撮影


車体中心線上につり革が並ぶ、
窓に広告用液晶モニターが掛かっていた。2002年撮影

ガーラ湯沢を宣伝する編成もあった。2014年撮影


何とJRマークが運転席の窓上に付いていた。2014年撮影


先頭車はロングシート配置になっていた。2014年撮影


無人運転の高架路線や混雑する駅を除き、別料金で自転車を持ち込む事が出来、
扉にPのロゴに自転車マークが付いたステッカーが貼られている。2014年撮影


自転車スペースとして2席分の座席が取り外され
パイプ製の金具が取り付けられている。2014年撮影


座席が無い所は扉脇の風除けガラスも外されているが
消火器は同じ場所に残っている。2014年撮影


連結部は扉が無く通路幅が広い。2014年撮影


隣の車両はセミクロス配置だった。2014年撮影


扉間に椅子が無い車両もあった。2007年撮影


丸みを帯びた先頭部の新型車両。2014年撮影


扉正面中央にある掴み棒が三叉になり
その上のパイプはに環状になっている。2014年撮影


扉両脇のパイプは風除けガラスに沿ってカーブを描く。2014年撮影


他の形式と同様、セミクロスシートの車両もある。
この背もたれの上になる壁に広告用液晶モニターが付いているが
どこからも見にくそう。2014年撮影


写真の無断転載を禁止します。