鉄道世界旅行ホームページ
トラム ザグレブ(クロアチア)


チケットは細長いタイプで、刻印機に入れると中央に印字が入る。
料金は1ゾーンで8クーナ(約180円)と結構高い。


駅前のターミナル。2008年撮影


駅正面は市の中心部まで公園の様な広場が続いている。2008年撮影


中心部のイェラチッチ広場。2008年撮影



電車を待つ人で賑わうイェラチッチ広場のターミナル。 2008年撮影



繁華街に車の姿は無く、真ん中が軌道で両側は広い歩道。2008年撮影



見かけた中で若番で最も旧そうな200型。2008年撮影


左側には扉は無く、運転台があるのは片側のみ。2008年撮影


青一色が標準色で、それをベースに広告が描かれている電車もあった。2008年撮影



後ろには動力の無いトレーラを従えて運転されている。
クリーム色と青のツートンが旧標準色の様であった。2008年撮影



タトラのキュービック連接タイプ300型。2008年撮影



両開き折り戸が各車前後にあり、台車以外の右サイドはほとんど扉。2008年撮影



広告塗装の車両も多い。2008年撮影


2008年撮影


2008年撮影



流線型タイプのタトラカー400型は単車タイプ。2008年撮影


扉は両開き折り戸が1両3箇所。2008年撮影


2008年撮影



2008年撮影



トレーラも同じ様な車体だが運転台が無い。2008年撮影



プラスチック製の椅子が1列ずつ並ぶ車内。2008年撮影



乗客が多くいつも混雑していた。 2008年撮影



ドイツ マンハイムからの中古、連接の900型。2008年撮影



扉は両開きの折り戸が1両につき前後2箇所。2008年撮影



ドイツやオーストリアで見られる上がヒサシになる斜めの前面窓。 2008年撮影



最新の低床車2200型、
この型式だけは全て青一色だった。2008年撮影


この車両も扉は片側。2008年撮影


台車がある長い車両と両端を支えられた短い車両が交互につながれた5両連接。 2008年撮影



写真の無断転載を禁止します。