鉄道世界旅行ホームページ

2013-4 中欧とウクライナ

railjet
レールジェット
ウィーン発-ブダペスト行き
RJ49
Wien Westbahnhof 9:48発−Budapest Keleti12:49着

チケットはインターネットで予約購入し、
駅の券売機でコード番号などを入力し発券。
乗車券一人づつと2席分の予約券が発券された。
1等でSparSchiene Ungarnという割引運賃が1人29EUR、予約料金が3EUR
で2人合計64EUR(約8,200円)。


機関車と客車7両の編成で先頭側は軸配置BBの1116型。
レールジェット専用機だが、動力車ま固定編成になっているTGVなどと違い
両側に運転台がある普通の電気機関車。


反対側も似た形になっているが、動力無しで乗客を乗せる制御客車。
ウイーン西駅でも、ブタペスト東駅でも頭端式ホームの
クシ形をした付け根側となり便利なこちら側が優等クラスになっている。


向かいのホームに止まっていたのは逆方向のブダペスト発チューリッヒ行きRJ162列車で、
2編成が併結されていた。


1等は1+2配列のオープンサロン。
1等席があるのは25号車から27号車までの3両で、
25号車はBistro、27号車はBusiness Classとの合造車。


座席の方向は固定式で、乗車した27号車は向かい合わせが1組で、
あとは一方行向きだった。


向かい合わせ席は間に大型テーブルがあり、
膝元の部分を引き出すと部分的に拡張できる。


座席のリクライニングは座面が前方にスライドするタイプで
あまり大きく倒れない。
写真奥の窓側が通常で、手前の席が一杯まで倒した状態。


一方向の席は前席背面に折畳みテーブルとフットレストが付いている。


隣り合う2席は台座以外は独立していて、間に若干のスペースがあり、
その下に電源コンセントが各席分用意されている。


乗車した27号車の半分は、更に上級のBusiness Class席となっていて、
その間にギャレーがある。


ビジネスクラスは4人か3人のセミコンパートメントで
ゆったりとした大型の座席になっている。
新聞とウエルカムドリンク付で料金は1等席より1人15EUR追加。
この列車では、乗客はいなかった。


リクライニングの角度はそれ程ではないが
座面と一体となったレックレストがせり上がる様になっていて、
向かいの人と足がぶつからない様に座席がオフセットしている。
テーブルは肘掛収納の折りたたみ式で、
空いている場所にはサイドテーブルがあり、
フレキシブルアームに付いた読書灯も各席に用意されている。



通路スペースの関係で両端は3人コンパートメント。
列車情報を表示するモニターが両壁に付いている。


その他に1人席が2席だけあるが、乗車区間によっては後ろ向きとなってしまう。


1人席は頭部分にしか仕切りが無いのは気にならないが、
外観のRAILJETの文字が窓に掛かって目障りなのは残念。
自分の席にも掛かっていたが優等席でこれは酷いと思う。


Business Class側のデッキには新聞類が並べられるラックがある。


デッキの一角に列車情報を表示するモニターが付いていて、
その下にゴミ箱がある。


モニターには到着駅のからの乗換情報も表示される。
このデッキの先は後側の運転台で、その手前の脇に化粧室がある。


Business Class側の化粧室は客室同様に
壁に木目が入っている。


反対のデッキはモニターとゴミ箱が平面上にあった。


連結部は幅が広く
ホロ剥き出しだが、ゴムと金属で縞が強調された渡り板部分とマッチしていて
見た目が良い。


化粧室は手洗い台とトイレが向かい合わせで広くない。


洗面台は直線的なデザインで、
髭剃りなどの為にコンセントも用意されている。


トイレは少し斜めに配置されている。


26号車は全室1等席、車両中央辺りで2列側と1列側が入れ替わっている。


25号車の1等席側端部にinfopoinと表示されたフロントがあるt。


無人で物が何もなく、車掌が常駐しているのか疑問だが
背もたれの大きい椅子がある。


25号車の1等客室は車椅子スペースがメインで、
大型テーブルが折りたたみ式となっている。


25号車の前側はビストロスペース。


4人用と2人用のテーブル席が2箇所づつある。


テーブルは少ないが昼に到着する列車なので空いていた。


ビストロのカウンター、
この列車の供食関係はオーストリアの惣菜店Henryが携わっている。


食材類はウイーン西駅でトレーラを牽いた小さな荷物車が運んできて
ビストロカーに積み込まれていた。


2等席は2+2配列、包み込むような背もたれの座席だった。


向かい合わせの所は、1等席同様に
スライドアップで拡張できる大型テーブルがあり、
付け根の窓際はゴミ箱になっている。


向かい合わせでない所は、前席背面に折畳みテーブルがある。
1等席より小型で、格納時上部にある取手がロックになる。
フットレストは無いが、座席の脚が薄いので足が伸ばせる

客室の所々にある荷物置き場。
両端やデッキ部にあるより目が届きやすく安心できる。


ウイーン西駅を出発して間もなく一旦停車してスイッチバック。
そしてWien Meidling駅に停車し、
今後メインターミナルになるウイーン・ハウフトバーンホフを通過していた。
向かい合わせでとったので問題なかったが、
予約するときの座席選択画面には西駅出発時の進行方向が
"Direction of travel"として示されていた。


車内ではWIFIが無料で使える。
通信状態は良くなく、ハンガリー側に入ると全くつながらなくなった。


1等には座席でオーダーできて持ってきてくれメニューが置いてある。
裏表同じ内容を違う言語で書かれており、
通貨表示はユーロの他に4カ国の通貨表示がある。


時間が早いがブダペストでのスケジュールの都合もあり座席で食事、
終着が昼頃の列車だけど希望したものを頼むことが出来た。
Spargelcremesupe アスパラのクリームスープ3.9EUR。
Schinkenfleckerl オーストリア風ハム入り焼きパスタ6.9EUR


北海道でも主流なツヴァイゲルトを用いたオーストリアワイン。
Blauer Zweigelt、Winzer krems 250ml 2.9EUR。
他に別な種類のハーフボトルもあった。


写真の無断転載を禁止します。