鉄道世界旅行ホームページ
'08-11 韓国


A'REX

仁川国際空港-金浦空港間

現在は途中の金浦空港までの区間開業だが、
ソウル駅まで結ばれる予定の空港連絡線

A'REXはコミューター(各駅停車)とエクスプレスの2種類の列車が運行されていて
仁川空港-金浦空港間はどちらも3200ウォン(約220円)だが
コミュータは地下鉄や電鉄線と共通のICカードのT-moneyが使えるのに対し、
Expressは座席指定になるのでチケットが違う。
裏側に広告が入ったこのチケットも繰り返し使えるICカードタイプだった。


基本的に1時間おき、両空港駅を00分に発車するエクスプレス。
コミューターとエクスプレスは前面形状は同じだが扉の数が違う。
駅はガラス張りのホームドア付きでエクスプレスのホームもホーム扉は4箇所分
用意されているが、エクスプレスとコミュータでホームは分けられている様だった。2008年撮影



エクスプレス車両は両開き扉が片側につき2箇所、
車端側には広めの荷物置き場がある。
扉上には通勤電車のように地下鉄路線図があった。2008年撮影


乗降扉と客席との間は簡単なガラス仕切りで、
上部に液晶モニターが設置されている。2008年撮影


客席は2+2列座席の向きは固定式で、
車体中央付近が背中合わせになっている。2008年撮影


座席はTGV(KTX)と似たタイプで座面がスライドし少しだけリクライニングする。
共通部品だろうかシートバックにテーブルが付きそうなのに取付けられて無い。2008年撮影


空港島を結ぶ橋は線路を挟む形で道路が平行している。
特急電車的な車両だが中身はコミュータと同じようで
車両の最高速度が120km、この路線上は最高110kmと遅めである。2008年撮影


車両によって扉より車端側の隅に1席だけ座席がある。2008年撮影


乗務員用かと思ったが、一般席で
座席番号の表示にはSINGLEとあり、
S1、S2といった席番が付けられている。
折り畳みテーブルとコンセントがあり半個室状態だが、
車端に1席しかないので他の客に注目を浴びそうな気がする。2008年撮影


各駅停車のコミュータ、1時間に5本走っていて、
仁川空港-金浦空港間の所要時間はエクスプレスの28分に対し33分で、
途中の追い越し待ち合わせは無い。
車両は外吊りの両開き4扉車6両編成。2008年撮影


地上駅を含め全駅フルススクリーンのホームドア。2010年撮影


ロングシートの車内、中央につかみ棒があり、
つり革もその上のパイプから下がっている。2008年撮影


連結部、通路が広くとられ貫通扉は無い。
車端部は片側は座席が無く、手摺だけになっている。2010年撮影



運転室後ろ、乗務員室の扉は右側に寄っている。2008年撮影


橋に掛かる手前の車窓は荒涼としている。


液晶モニターには空港の出発案内が出て
扉上のLED表示には日本語の文字も流れる。2008年撮影


未完成区間まで用意されている現在位置表示盤、
進んでいくごとに一コマづつ点灯していった。
ソウル駅までの開業ももうすぐ。2010年撮影



写真の無断転載を禁止します。