鉄道世界旅行 Domestic

TWILIGHT EXPRESS
トワイライトエクスプレス

 大阪−札幌
Osaka-Sapporo

8002列車 洞爺16:26発 - 富山 着 1991年3月乗車
8001列車 大阪12:00発 − 札幌9:07着 2004年1月乗車


登場したのは青函トンネル開業から1年少々経った1989年夏。
北斗星が最高だった当時、この様な超豪華寝台列車が
しかも家の近くを走るというのは衝撃だった。
北海道内の牽引機は北斗星色のDD51形ディーゼル機関車の重連。
北舟岡-伊達紋別 1989年7月撮影


トワイライトエクスプレスの”顔”、最後尾のパノラマが独占できるA個室スイート1室と
先に登場した北斗星の最上個室と同等のA個室ロイヤル4室を備えるスロネフ25 500番台。
伊達紋別-北舟岡 1989年7月撮影


後に展望窓に雨樋が付き、
リニューアルで車体の黄色い帯に銀色の縁が付いた。
伊達紋別-北舟岡 2009年2月撮影


客車編成の反対側は荷物車のカニ24、
発電機を積んだ荷物車で乗客が立ち入ることは出来ない。
札幌駅 2007年6月撮影


運転当初は電源車を除く客車8両のうち、
ロビーカー2両食堂車1両という豪華編成で、
電源車の後ろも展望室付のスロネフ25だった。
黄金-崎守 1989年8月撮影

その後ツインベットスイートがあるスロネ25が完成し
ロビーカー1両、食堂車1両、A寝台車2両、B寝台車5両。
黄金-崎守 2008年3月撮影


青函区間の牽引はED79電気機関車。
この機関車が牽引する区間に客扱いのある停車駅は無いので
ヘッドマークは付けられていない。五稜郭-七飯浜 2007年4月撮影


列車にまつわるカード類
上段はコンパートメントのカードキー表裏。
下段左はロビーカーにあるシャワー室を利用するためのシャワーカード310円で
下段右は朝食の予約カード。


最初に乗ったのは1991年3月だったが、受験旅行だった事もあり
下車後の1枚しか撮っていなかった。


以下は2004年1月の2回目の乗車、牽引機は1回目の時と同じEF81 114号機だった。
始発大阪からの牽引機 EF81形電気機関車は青森までのロングランとなる。


客車9両+電源車+機関車の編成で大阪発では
1号車A個室車のスロネフ25が後ろになる。


2号車はスロネ25 500番台、後から登場した車両で、
側面に大きな側面ガラスを持つツインベットのスイート1室と
ロイヤル4室で定員10名という豪華な客車。
(琴似-発寒中央 2014年11月撮影)


5・6号車は2人用B個室のツイン7室とシングルツイン6室がある
オハネ25 520番台
編成中同じ車両が2両組み込まれる唯一の客車。
(発寒中央-琴似 2015年2月撮影)


乗車した6号車のB個室ツイン。
2人分で寝台料金16,320円+特急料金6,300円と
乗車区間に有効な乗車券が必要になる。


枕木方向に細長い個室で横向きに向かい合わせの座席がある。。


座席や寝台と反対側の仕切壁。
窓側から梯子置き場、鏡と並んでいる。


隣室とコネクティングルームとして利用できる様に、
その横の仕切は開く事が出来るようになっている。
手前にあるスイッチは上が空調で、下が上段寝台の昇降ボタン。


隣の部屋は左右対称なレイアウトになっている。


通路側に座った状態の視界。
窓は2段上下に並んでいて上の方は曲面ガラスになっている。


寝台への切替方法は壁に2か国語で表示されていた。
その奥に照明やオーディオなど各種スイッチがあり
座席や下段寝台からでも操作出来るようになっている。


座席状態、上段も上がっているので
転落防止ベルトがたるんでいる。


テーブルを畳んでから座面を持ち上げるとスライドして背もたれが下がる。


座面と背もたれが同じ平面になる。


同様に向かいの座席も倒すと座面だった部分がくっつく。


シーツと布団を引くとベットメーキング完了。


上段は個室で入口付近にあるボタンスイッチで昇降する。
24系25型の0番台上段や14系や24系の3段ベットの中段と同様の構造。


上段を下げると転落防止ベルトが張る様になる。
上の曲面ガラスは上段寝台から外を眺めるのにちょうど良い。
天井の平面部分の幅が広く、B寝台より若干低くなっている感じがする。


梯子は窓に向かって引っ掛け、
客車B寝台の折り畳み梯子と同じ要領で上段に上がる。


出入り口扉の上、通路上のスペースは荷物を置くスペースになっているが、
高すぎるので出し入れは大変。
上段寝台側まで広がっている方が使いやすそう。


個室はカードキー方式でロックが掛けられ、。
出入り口の扉にはドアスコープまで用意されている。


個室寝台の通路には折畳み椅子が無い。
逆側の車窓を楽しむのは難しい。


B個室シングルツイン、
1名でも利用可能で1991年の受験旅行で乗車した際は
このタイプの個室をとった。
ツインと同じ2段ベットがある個室だが、
こちらは線路方向にベットが配置され
中央の通路を挟んで両側に並ぶ。
上段寝台は暗く、荷物スペースが少ないが、
窓際に向かい合って座る事が出来、料金が若干安い。


7号車は2人用B個室ツイン9室とミニロビーがあるオハネ25 510番台。
(発寒中央-琴似 2013年11月撮影)


全室ツインの7号車にあるミニロビー。


L字にソファーが配置され、閲覧用の雑誌や飲物の自動販売機、公衆電話がある。


8号車はBコンパートのオハネ25 560番台。
(発寒中央-琴似 2015年2月撮影)

9号車も同じくBコンパートだが車掌室付のオハネフ25 560番台。
(発寒中央-琴似 2015年2月撮影)

Bコンパートは開放型2段式B寝台に仕切扉を付けた様な形。


2段ベット向かい合わせの4人室。


B寝台料金で寝台毎に販売されるので扉には鍵は無い。
木目調の壁など、シックなインテリアになっていて、
通路には折畳み椅子がある。


4号車 サロンカー オハ25 550番台。
(東室蘭駅 2011年9月撮影)

反対側の方が窓の数は少ないが下辺が低く大きい。
(発寒中央-琴似 2015年2月撮影)


2004年の乗車時はパブタイムは食堂車と同じものが提供されるパブスペースになっていた。
(油川-青森 2014年12月撮影)


サロンカーは"サロンデュノール" SALON DU NORDという愛称が付けられている。


片側が低く、反対側は高く、同じ方向に席が配置され、
日本海側の眺めが楽しめる様になっている。


上段のソファー、足元は通路より1段高い。


当時はまだ、灰皿があった。


北海道に入り、噴火湾沿いを走る時は
後ろ向きが海の眺めになってしまうのは少し残念。


飲物の他に、扉式の自動販売機がある。


扉式の自動販売機ではスナック菓子の他、ハンドタオルも入れられていた。


プリペードカード式の共用のシャワースペースが2室ある。


3号車は食堂車 スシ24 0番台。
電車特急485/489系の食堂車から改造されているので
他の客車と車体断面が異なる。
(発寒中央-琴似 2014年4月撮影)


改造種車の関係で屋根上のクーラーが異なり、
1・2番がキノコ型をしたAU12、3番はAU13となっている。
(発寒中央-琴似 2014年6月撮影)


JR発足1周年を迎える1988年3月の宮原客車区一般公開では青い車体に銀帯の
スシ24 1が展示され、この時は、近いうちに寝台特急 日本海に連結されると思っていたが、
トワイライトエクスプレスの食堂車となった。


レストラン”ダイナープレヤデス” DINER PLEIADESの入口。


車端部を除き、1+2配列で2人用テーブルと4人用テーブルが並ぶ。


車端部は両側とも2人用テーブル。
食堂車としては珍しく窓上には荷棚がある。


車両中程から先は厨房になっている。


食器類がまとめて置かれているカウンターの上。


13:00からのランチタイムメニューのビーフカレー1,000円。
乗車した2004年時点でも日本唯一の昼食が食べられる食堂車だった。


同じくランチタイム、プレヤデスランチセット 2,000円。
ビーフシチューとサラダにバゲットとコーヒーのセット。


翌朝の朝食、和/洋選べて、どちらも1,500円。
朝食は乗車後の予約制で出発後に予約をとりに回って来た。


車窓からの眺め、
そのほか、食堂車のディナーは切符と同時の予約制で
その後に予約なしで利用できるパブタイムがある。


食堂車の厨房側は片側通路になっている。


厨房側車端には冷凍庫や食器の置き場があった。


正月なので食堂車で販売されていた福袋。
値段は忘れたが2種類あり、
1つ買ってみると、お得感があったので、
もう1種類も買った。

-------------------------------------------------------------------------------
乗車したのは2度だけだったが、長距離を走る列車なので
旅の途中色々なところで見掛けられた。

高岡駅 2013年8月撮影


直江津のホテルより 2010年8月撮影


新津駅 2013年8月撮影


青森-新青森 2014年8月撮影


青森-新青森 2014年12月撮影。


油川-青森 2014年8月撮影


油川-青森 2014年12月撮影。


知内-木古内 2010年7月撮影。


五稜郭駅 2011年12月撮影。


五稜郭駅 2013年9月撮影。


ED79の切り離し。五稜郭駅 2013年9月撮影。



途中で運休となり函館運輸所にとめられたトワイライト編成。2006年7月撮影


礼文-大岸 2013年9月撮影。


豊浦-洞爺 2011年8月撮影。


豊浦-洞爺 2011年8月撮影。


洞爺-有珠 2011年2月撮影。


洞爺-有珠 2010年8月撮影。


長和-有珠 2011年6月撮影


噴火湾越しの駒ヶ岳を望む。 長和-有珠 2011年6月撮影


長和-有珠 2011年6月撮影。


有珠山噴火による運休が明けてしばらく。
列車の後退を可能にする為、最後尾にDE15が連結された。
伊達紋別-長和 2000年7月撮影


DD51重連とDE15の変則3重連。
伊達紋別-長和 2000年7月撮影


北舟岡-伊達紋別 2009年6月撮影


最初は団体専用列車でスタートしたトワイライトエクスプレスだが、
その後団体列車ではヘッドマークが付かなくなった。
北舟岡-伊達紋別 2014年6月撮影


北舟岡-伊達紋別 2014年8月撮影


北舟岡-伊達紋別 2014年3月撮影。


北舟岡駅 2014年2月撮影


北舟岡駅 2012年6月撮影


北舟岡駅 2013年8月撮影。


北舟岡駅 2013年11月撮影。


黄金-崎守 1989年8月撮影。


崎守-黄金 2009年10月撮影


崎守-黄金 2009年10月撮影


本輪西-崎守 2008年3月撮影


本輪西-崎守 2008年4月撮影


本輪西-崎守 2015年2月撮影


トワイライトエクスプレスの廃止が発表された翌日、2014年4月29日の上り列車。
本輪西のタンクヤード脇の木には桜の花が残っていた。
本輪西-崎守


登別-富浦 2011年11月撮影。


登別駅 2014年5月撮影。


鮭が上る川。社台-錦岡 2012年10月撮影。


糸井駅 2012年4月撮影。


植苗駅 2011年2月撮影。


新千歳空港 2013年10月撮影。


日本の航空会社のジャンボジェットは1年先に姿を消した。2014年2月撮影


北広島-上野幌 2012年3月撮影。


上野幌-北広島 2014年4月撮影。


札幌(JRタワー) 2012年10月撮影


ランチビュフエを楽しみながら撮影。
札幌(JRタワー) 2008年6月撮影


札幌(JRタワー) 2014年10月撮影


琴似-桑園間を望む。
札幌(JRタワー) 2015年1月撮影


藻岩山展望台より、琴似-桑園間を回送するトワイライトエクスプレス。
2015年10月撮影



琴似-発寒中央間 2011年5月撮影


ライラック
琴似-発寒中央間 2013年6月撮影


ナナカマド
琴似-発寒中央間 2014年12月撮影


2015年3月のダイヤ改正で赤電711系ともに北海道を去る。
札幌運転所 2015年2月撮影


写真の無断転載を禁止します。