鉄道世界旅行ホームページ
'02-3 西欧

ETR−500 ユーロスター・イタリア
ローマ発-ミラノ行き
9484列車

フィレンツェ16:58発-ミラノ19:55着

列車は10分程度遅れてフィレンツェに到着。直前まで番線表示が出なかったので
頭端部からの人波がホームに発生した。

TGV等と同じく動力集中方式で、両端が動力車。


同じETR-500の2電源対応モデルチェンジ版、雰囲気が大きく違っている。


開放型の1等車、1+2列、椅子の向きは中央部分が向かい合わせで端部は中央向きの固定。
シートピッチが広く照明が洒落ている。そして荷棚が大きくトランクもすっぽり入る。 
奥には簡易コンパートメントになったボックス席もあり、更に完全なコンパートメント車もある。
日曜のみ運行の列車で、すぐ後に同様な列車がナポリ発のローマ経由で運転されていいるにも関わらず
1等車でもほぼ満席。結構人気があるようだ。


1等の乗客には手拭きと飲み物、スナックがサービスされる。
この列車のイヤホンジャックも、差し込んでも何も聞こえなかった。


暖かみの感じられる食堂車、イタリア人には到着時間が早いのか客はいなかった。


レストランの奥、カフェスタンドは賑わっていた。

ミラノ中央駅も頭端ホームなので到着前に先頭へ向かう人も多く、
どういう訳か1時間も前に席を立った人もいた。



写真の無断転載を禁止します。